婚姻届は日本全国どこでも提出できます

二人が夫婦になるためのファーストステップともいえる婚姻届けですが、実は日本全国どの役所にも提出することができます。
本籍地でない場所に提出するためには戸籍謄本や戸籍抄本が必要になってくるのですが、これさえ申請して手に入れてしまえばあとは通常の届け方と何も変わりません。
そもそも婚姻届をもらいに役所の窓口には行かなければならないので、ついでに申請すればそれほど面倒ではありませんよね。
そんな私も婚姻届は本籍地以外の役所に提出しました。
私はいつどこで提出しても良かったのですが、主人が「入籍日と結婚記念日を同じ日にしたい」と意気込んでいたので結婚式の当日の朝、式場近くの市役所に寄って提出しました。
正直、式場の近くということ以外なんのゆかりもなかったのですが、担当の職員の方にこれから式だと伝えるととても喜んで対応していただいたりして、想像以上に楽しい婚姻届提出になりました。
ちなみに、本籍地以外に提出しても、不備さえなければきちんと提出した日が入籍日となるので心配はいりませんよ。
私の場合は、後日きちんと受理された旨の手紙が郵送されてきました。
もし提出先にお悩みの方には、本籍地以外への提出も安心しておすすめすることができます。